2019年4月5日 (金)

おしらせ,おしらせおしらせ,ブログ地域づくりで挑戦,大学連携

大学生のみなさん、益田市で挑戦(トライ)してみませんか?

facebook twitter

益田市では、市外在住の大学生や専門学生等を対象に、市内で地域活動や研究調査を行うための交通費や宿泊費等を助成する補助金を準備しております。

日本で社会問題となっている地域課題を解決してみたい!
将来そういった仕事をしてみたい!
大学での研究に活かしたい!

そういった方にぜひ申請していただきたい補助金となっております。

実際に益田市では大正大学、島根大学、島根県立大学、山口大学、立命館アジア太平洋大学他の学生たちが、この補助金を使って色んな地区でフィールドワークを行っています。

ある地区では大学生と地区住民が協力して、その地域にどんな魅力があるのか、
どんな課題を抱えているのかということを調査して、
地域課題解決のために、高齢者の健康寿命を延ばすことを目的とした身体を動かす活動や地域の野菜や果物を使って名物料理を作るなどの活動を行っています。
益田に来た学生たちはやりたいことを自ら探し、熱意をもって取り組んでいます。

楽しいことも大変なことも経験した学生たちは、フィールドワークを通じて、 「益田に来て成長することができた」と言っています。

益田市が市外の大学生にフィールドワークを行ってもらいたい理由は、 当たり前すぎて気が付かなくなってしまう「益田の魅力」が、外からの視点をもった大学生であれば再発見することができるからです。

「やってみたい気持ちもあるけど不安・・・」と思っている方もおられると思います。
しかし、挑戦したい気持ちが少しでもあるのなら一歩踏み出して益田に来てみてください!

益田で挑戦(トライ)する大学生を応援します!
ぜひ、益田にお越しください!

------------------------------------

(補助金対象団体)
益田市外に本部を有する大学(大学院を含む)、短期大学、高等専門学校又は専修学校に在籍する学生

(補助対象経費)
交通費:フィールドワーク実施のための大学所在地・益田市間の交通費の実費(飛行機鉄道、バス等の公共交通機関の運賃に限る。)

宿泊費:益田市内で実施されるフィールドワーク・研究のために発生する、益田市内での宿泊費の実費(ただし飲食は除く)

補助率:補助対象経費の2/3の金額

補助額:1人当たり上限20,000円
※補助金の交付額二千円未満の端数が生じた時は切り捨てる
※大学生等1人につきその年度に1回まで

(活動事例)
地域住民(事業所等)からの聞き取り、地域での資料(史料)・情報収集を通じた、地域振興に向けた課題の把握。地域住民との協働による、地域課題の解決に向けた活動を通じた実践研修

(注意事項)
平成31年4月以降に実施される経費が対象です。市が他事業において委託している経費がある場合や大学等が研究費を出している場合は対象外となります。

(申請方法)
フィールドワークを開始する日の14日前までに補助金交付申請書、地域の受入側の確認書を提出して下さい。

(締め切り)
2020年2月28日 (金曜日)17時15分まで

お問合せ・申請先
〒698-8650 島根県益田市常盤町1番1号
益田市政策企画局 人口拡大課 TEL:0856-31-0600

文責:益田市人口拡大課

NEW

2019年4月5日 (金)

教育で挑戦,新職場体験

新・職場体験

同カテゴリーのエントリー