2020年3月30日 (月)

仕事,働くひと

「悲しみからの出会い。寄り添う気持ち。」

社員紹介  株式会社ひょうま 髙野正彦 さん

益田に戻り、経験を活かす。

高校卒業後、東京の大学に進学し、その後群馬の家具メーカーに13年勤務していました。長男なので「いつかは益田に帰る」という意識があったのかもしれませんが、20代後半、祖母が亡くなった時によりはっきり意識するようになりました。

それから群馬の会社で担っていた業務を後へ引き継ぎ、昨年、益田へ帰ることができました。

先に「益田に帰る」ことを決めましたので、次の就職先が決まっていた訳ではありません。非常に不安でしたし、求職活動も時間がかかると覚悟していました。そのような中で弊社と出会い、すぐに採用いただけたことは本当に幸運だったと思います。

 総合職として採用されましたが、面接で伝えた「前職では木工や家具製造のほかに、総務など幅広の業務に携わっていました。自分は総務に限らず、営業など何でもチャレンジしたいです。」という気持ちを汲んでいただき、現在は益田本店で営業業務を担当しています。

「悲しみ」からの出会い。寄り添う気持ち。

仏壇仏具販売は、本当に特殊な営業です。亡くなった方のお宅へ訪問するのですが、玄関を開けた際にご家族が泣いている場合も少なくありません。もちろん営業ですので仏壇等を購入いただきたいのですが、「もし自分がその立場だったら」と考えるとストレートに言い出すことができません。そこで、まずお悔やみ申上げて「もし、お手伝いできることがあれば・・・」とお話を伺うように心がけています。

また、お客様も初めての体験であり、様々な場面や細かな行事について相談をいただくことがあります。宗派によって対応が違うので、適切に回答できるように勉強していますが、それでもまだまだ知らないことも多々あります。

営業は初めての経験ですので、本当に試行錯誤の連続で、今の方法が正解なのかもわかりません。担当者のキャラクターもありますし、お客様との相性もあると思います。先輩方々は経験年数も長く、個性、知識もあり、素晴らしい営業をされます。ですが私がそれを模してもきっと上手くいきません。時間はかかると思いますが、自分のスタイルを作り上げ、多くのお客様に信頼いただけるような営業担当になりたいです。

文責 益田市産業支援センター

株式会社ひょうま
〒698-0041
益田市高津5丁目28-16
TEL 0800-888-1002
H P http://www.hyoma.net/

facebook twitter
NEW

2020年3月30日 (月)

未分類仕事,働くひと

「残り続けるやりがい。」

同カテゴリーのエントリー

仕事のエントリー